マツダK360 ワンオフマフラー製作2


マツダK360です!
I様から2台目の作業ご依頼いただきました。三重県よりご来店ありがとうございます。
 
1台目のK360製作記事はこちら
  
今回はナンバー付き&エンジン始動可能な状態で入庫となりました。
1台目の作業時はボディが載っていなかったのと、マフラーも付いていない状態でした。
そのためマフラー製作作業は接地状態で現車合わせしたのですが、今回は「純正に出来るだけ近い形状で!」というリクエストです。
 

幸いにも純正マフラーは排気漏れの補修跡はあるものの、変形はしていませんでした。
左右のエキパイとリアのメインタイコを取り外し、3Dデータ化して出来るだけ純正形状に近いマフラーを製作していきます。
 

左側のエキパイを3Dスキャンします。
 

3Dスキャンデータから、新しい曲げパイプデータを作成します。
 

右側のエキパイを3Dスキャンします。
 

3Dスキャンデータから、新しい曲げパイプデータを作成します。
 

タイコ部分を3Dスキャンします。
 

3Dスキャンデータから、新しいタイコのデータを作成します。テールパイプの穴位置やステーも同じ位置に再現します。
 
作成した3Dデータをもとに部材の準備を進めて、製作していきます。
 

完成したマフラーがこちら!
左右のエキパイは、ヘッド側フランジからタイコとの接続部分までNCベンダーで曲げ加工しているため、溶接箇所はありません。
タイコ内部も専用設計です。
 

装着状態です。
 

右側のエキパイ
 

左側のエキパイ
 

タイコ部分
 
I様ありがとうございました!
 

コメントは受け付けていません。